■作業工程

1.架設足場 --->作業をする前の足場を設置します。
  ネット養成 --->塗装前には必ず外壁を高圧洗浄しますので水しぶきの飛散を防止します。

2.  高圧洗浄

・外壁についている汚れ(コケ、も、カビ)や塗料のはがれなどを
洗いおとします。

 
3.コーキング目地補修

・写真の物件はサイディングなので継ぎ目のヒビ割れしている部分を全て補修します。

・モルタルの外壁の場合ヒビ割れた箇所を補修します。

*この工程で使う材料や技術が仕上がりを大きく左右します。

4.マスキング養成
窓やドア、雨戸などに塗料がはみ出したり、付着しないようにマスキングテープとビニールで外壁材以外をおおいます。
5.付帯箇所の塗装

・鉄部サビ止め塗布 => 鉄部の腐食(サビ)の防止

 
6.下塗り

・下地と塗料を接着する役割をします。
・塗料の染み込みムラを抑える役割をします。

 

 

 
7.中塗り
・上塗り材と同じ材料を使用しますので塗料によってはこの工程でも十分防水効果があります。
 
8.上塗り
・最後の仕上げです。
・塗装工事は工程が多い上に足場が必要なので塗装頻度(費用)を抑える(より長持ち)させる為に上塗りをします。
 
9.付帯箇所の塗装U
雨戸清掃
吹き付け
雨樋(ハケ)
鉄部塗装